仕事内容を把握しよう【社会福祉士になる前に知っておきたいこと】

勉強

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士とは、別名「ソーシャルワーカー」とも呼ばれる国家資格で、この資格を持っている人のみ「社会福祉士」を名乗ることができる名称独占の資格です。社会福祉士は、ハンディキャップを持っている方やお年寄り、ひとり親家庭などの相談を聞いてアドバイスや支援を行います。日本は現在、急速に少子高齢化社会に向かっているため、社会福祉士の需要は高まっています。社会福祉士の主な職場は、社会福祉施設などがありますが、そのほか医療機関や行政機関で働く社会福祉士もいます。社会福祉士になるためには、社会福祉短期養成施設で6ヶ月以上、または社会福祉一般養成施設で1年間以上学んで、資格試験を受けて資格を取るという流れが一般的です。

専門学校の選び方

女性

興味のある分野に強い学校を選ぶ

社会福祉士の業務対象は、ご老人、児童、精神・身体にハンディキャップがある方、ひとり親家庭など多岐にわたります。これらの分野のなかから、自分が社興味を持っている分野に強い学校を選ぶと良いでしょう。

働きながら資格取得を目指すなら社会福祉講座という選択肢も

働きながら、社会福祉士の国家試験合格を目指す方もいらっしゃいます。そのような場合は、通信課程や夜間過程の社会福祉講座で学ぶという選択肢もあります。専門実践教育訓練給付制度も適用されるため、経済的負担も軽減できます。

良い講師が揃っているか

社会福祉士の専門学校のなかには、学校案内のパンフレットに講師プロフィールが掲載されているものがあります。これらの情報は、学校選びの参考になるため、事前にチェックすると良いです。また、学校の雰囲気を知るために、オープンキャンパスに行ってみるのも良いでしょう。